> 調査の見積りについて − 探偵BestSearch
     

調査の見積りについて−探偵BestSearch

探偵に関する総合検索サイト、調査依頼の豆知識など

探偵BestSearch

調査会社をこだわって選びたい人のためにBestSearchがあなたにピッタリの探偵事務所を紹介!
あなたのお住まいの街の興信所を簡単検索!  

探偵調査の見積りについて


探偵や興信所に電話をし、見積りをお願いすると
対象者の情報等についてあれやこれやと質問をされます。
これは依頼内容やあなたが対象者について知っている情報量や状況を聞き出しているのです。

なぜこんな煩わしいことをしているのか?
それは調査方法により探偵の調査料金が違ってくる為です。

例えば、浮気調査の場合。
対象者の移動手段や怪しい時間帯や曜日、相手の特定ができているかどうか等。
特に怪しい時間帯や曜日がわかっていないと、いつに調査をしていいかがわからない為、
探偵の費用もかさんでくることになります。
調査をいれても、その時間内に対象者が動かなければ料金が発生しますので、
非常に無駄になります。

次に所在調査の場合。
「初恋の人を探したいが、いくらか?」と質問をして、
「〇〇円です」とすぐに答えが返ってくる興信所はほとんどないと言っていいでしょう。

あったとするなら、その探偵は依頼者のことをあまり考えてくれてないかもわかりません。
所在調査の場合、対象者に対してどれだけの情報を知っているかや、
所在がわからなくなった理由により、調査方法ががらりと変わります。

興信所のホームページを見ると、〇〇の情報から所在を調べられますと記載してある
探偵が多いですが、その情報から調べたからといって
必ずしも希望される結果が判明するわけではありません。
古い情報や結果が判明しないなんてこともありますし、
そういった結果になっても依頼者が希望された調査なので、探偵に非はありません。

興信所は基本的に5W1Hで調査のことを聞いてきます。
いつ 、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように、という具合にです。

また、対象者に対してどれだけ情報を持っているかを聞いてきますが、
調査で有効とされているのは、以下のような情報です。
性別、年齢、氏名、生年月日、連絡先の有無、勤務先の情報等。

対象者の状況、情報量によっては調査事態が困難なこともあります。
通りがかりにすれ違った女性に一目ぼれしたので探してほしい、
なんて調査は普通に考えても不可能です。
探偵でも難しい調査、不可能な調査は沢山あります。

電話をする際にはある程度情報をまとめてから相談すると、スムーズに相談がいきます。
もちろん、名前や住所を実際に伝える必要はありません。
分かるか、分からないかで答えていけばそれで十分といえます。
逆に個人情報まで言わないと見積りできないという興信所は危ないと言えます。

この質疑応答のやりとり自体を面倒くさがってしまい、
いい加減にしてしまうとちゃんと探偵に情報や状況が伝わらず、
いざ調査をしたとしても結果が出なかったり、
調査方法が変わってしまい料金が高くなってしまうこともあります。

これは興信所の問題ではなく、依頼者自身の問題となりますので、
調査を本当に考えているのであれば、ある程度の協力は惜しまない方がいいでしょう。